高崎の不動産をお探しなら、住まい選びのプロフェッショナル




会社案内



 




令和2年
10月の一言

「たたみと社員は  」


 8月から10月にかけて、20代後半から40代前半の方

3名に入社いただきました。

 来年の新規出店に備えてということになります。


 あわせて従来からの社員の担当地域替えを

11月より行います。

 少しでも新鮮な気持ちで仕事に取り組んでもらえればと

思っています。





令和2年
9月の一言

 安部さんの後の総理大臣に菅さんがなりました。

安部さんと比べると地味な感じですが、着実に

仕事をこなしていくタイプの人のように思います。


 年齢は71歳。

これで日本・アメリカともトップリーダーが

70代となります。


つくづく政治家は若いと思います。





令和2年
8月の一言

 7月の長雨から一転、猛暑の8月になりました。


よく聞く話ですが、以前は32〜33℃ぐらいだと暑いという

感覚でしたが、最近はそれが35℃以上となったような

気がしています。


そんな中で、太陽光発電所は文句も言わずに

熱中症にもならず稼いでくれます。


お日様に向かって礼!






令和2年
7月の一言

 今年の土用の丑の日は7/21日と8/2日(夏)だそうですが

当社では早々と7/15のランチ会で恒例となりました、

成田寿司のうな重をいただきました。


 報道されているように、うなぎが値下がりしているようで

例年より少し大きめなうなぎがのっていました。

(写真を撮るのを忘れてしまった。)


 今年はつゆ明けが遅れていて、やっぱりうなぎは暑い中、

汗をかきかき食べるのに限ります。





令和2年
6月の一言

「グラン・テラス 上大類」


 先月の一言で書きました「グラン・テラス 上大類」 二期

9区画ですが、発売から一週間ですべての区画に予約をいただき

キャンセル待ちのお客様も何名かいらっしゃいます。


 都市計画法という法律により、無秩序な開発を防ぐ為

高崎や前橋はいわゆる線引きにより

市街化区域と市街化調整区域に分けられますが

その基本的な線引きは、昭和46年(今から約50年前)のもので

その後の大型店の出店や新規開通道路等の町の変化に

行政が追いついていない感じがしています。





令和2年
5月の一言

「グラン・テラス」どこどこ


 聞きなれない言葉ですが、当社の分譲地の中で

市街化調整区域で行う分譲地の名称(造語)です。


 現在、高崎市・前橋市では一定の条件のもと

市街化調整区域でも個人の住宅を建設する事が可能です。

 当社の分譲地でも一区画あたりの面積が広く

坪単価が安いと好評をいただいております。


 最近でも「高崎・上佐野」 「高崎・柴崎」 「高崎・上大類」と

それぞれ即売に近い状況が続いております。

そして    「グラン・テラス 高崎・上大類二期」が始まりました。






令和2年
4月の一言

今月も新型コロナ一色でした。


嘆いていてもしょうがないので

今回の事で変わったことは、何か考えて見ますと

〇規則正しい生活

〇飲み代が少なくなった

〇お金が沢山、簡単に借りられる

〇カラフルなマスクをしている人が多くなった

〇LINEで厚生労働省のアンケートに答えた


私は前立腺肥大症で、トイレが近いので、一時間に一度は

手洗いをしている為か、感染をまぬがれております。





3月の一言

 思いがけない年度末となりました。


 月の初めの頃は、そのうち収まるだろうと楽観し、

景気づけに問屋町のある「カニ 甲羅 本店」で

いつもより豪勢なランチ会を行いました。


 3月31日現在、収まるどころではなく、ウイルスが

世界中に広がり、昨日はタレントの志村けんの死亡が

発表されました。


 出来る事は手洗いと免疫力を上げる為に、納豆を沢山食べる事?

でしょうか。




令和2年
2月の一言

「落ちたと思った。」

 おととし、土地家屋調査士試験に合格し、測量業務を始めた

当社の須長亮君。昨年は行政書士の試験に挑戦しました。


 私がこの仕事を始めた何十年?前、行政書士試験は士業を

始める人の入口のような位置付で、割合取りやすい試験だったと

認識してました。


近年は業務の広がりもあり、かなり難易度が上がってきました。

 試験の後に「どうでした?」と聞いたところ、

「記述の部分が出来なかったので、又、来年挑戦します。」

という返事でした。が、1月の末に何と!合格通知が届いたという

報告があり、ビックリです。


ということで、4月から行政書士業務(主に調整区域の開発申請や

農地転用)を開始します。




令和2年
1月の一言

あけましておめでとうございます。


トップページにも書きました通り、今年から分譲地の販売については

県道27号線(高崎・駒形線)を境として、北側を高崎北営業所で

高駒線より南の高崎市と前橋地域を本社で行うことになりました。


本社が担当する高崎東南部(大類・中居・佐野・倉賀野方面)は

需要が沢山ありますが、市街化区域が少なく住宅の相場も

強気の地域です。


実は昨年から少しづつ地主さんにアプローチし始め

昨年は上佐野で5区画、上大類で6区画の分譲地を販売し

いずれの分譲地も即売という状況でした。


今年も良質な宅地を供給できればと思っております。